• サムネイル画像
  • サムネイル画像
  • サムネイル画像
  • サムネイル画像
  • サムネイル画像

秩父の食材を使ったこだわりのチーズ専門店「秩父やまなみチーズ工房」

その土地ならではの味を楽しむのも、旅の醍醐味の一つですよね。古くから親しまれる郷土料理だけでなく、こだわりのものづくりをしている人との出会いも、旅の特別な思い出になります。

「秩父やまなみチーズ工房」はチーズ専門店です。秩父の自然を生かしたこだわりの食材を使った、地産地消のチーズ製造をしています。

青い牛さんが目印!見た目も可愛いチーズ専門店

秩父やまなみチーズ工房は、「西武秩父駅」から車で25分ほどの場所にあります。青い牛のイラストが目印です。

車で来ると、駐車場の番号のデザインがミルク缶になっているのが目に入ります。そういえば建物の牛の柄、よく見ると世界地図になっていたような…デザインの中にさりげなく遊び心が散りばめられていて可愛いですね。

秩父やまなみチーズ工房では製造から販売までこの平家で行っており、脇には熟成専用の建物も備えています。壁やロゴに登場する牛や、ドアの青色が印象的ですね。

店内に入ると陳列棚にはさまざまな種類のチーズが。現在は、11種類ほどのチーズを作っているそうです。

国産ナチュラルチーズのコンクール「JAPAN CHEESE AWARD 」で、いくつも受賞経歴を持つ実力派のお店でもあります。リコッタ部門では「リコッタ」が金賞・最優秀部門賞に選ばれ、ウォッシュ部門では「ルビー」が金賞、白カビ部門では「秩父カマンベール」が銀賞、「フロマージュブラン」が銅賞に選ばれました。

生乳は朝搾り!こだわりの秩父の材料で作るチーズ

チーズの主原料となる生乳は、秩父郡小鹿野町にある吉田牧場の牛からその日の朝に搾ったものを使っています。

低温殺菌した生乳に乳酸菌や凝乳酵素を少しずつ加えていくと、たんぱく質が固まっていきます。カットすると液体と固体の部分が分離していくので、丁寧に液体を取り除いていきます。

さらさらの液体だった生乳が、ヨーグルトのような状態になりました。液体部分は「ホエイ」といって、固形のチーズになる部分は生乳の約1割程度だそうです。

このホエイを使ったドリンク「ホエイのきもち」(プレーン・かぼす=税込270円、ブルーベリー=税込302円)も販売しています。ホエイは「飲む点滴」と呼ばれるほどに栄養が豊富で、美容効果も注目されているそうです。少し酸味があって甘い味付けで、とても飲みやすいです。

ちなみに「ホエイのきもち」を製造しているのは、同じ秩父(小鹿野町)の戸田乳業。地域連携で実現した地元ならではの商品です。

そのまま食べたり、アレンジしたり、チーズを楽しむ。

「ルビー」(税込1,209円)は小鹿野町の名水「毘沙門水(びしゃもんすい)」の塩水で、丁寧に表面を磨きながら6週間ほど熟成させています。熟成を止めるために秩父のウイスキー「イチローズモルト モルト&グレーン ワールドブレンデッドウイスキー(通称:ホワイトラベル)」で表面を磨いて仕上げているそうです。外側の皮にクセがあるので、お好みで外しても、そのまま食べてもOKです。

「黒熊と青牛のスタウトチェダー」(税込1,296円)は、秩父麦酒の「黒熊のスタウト」を練り込んで作っています。香りが飛ぶのを防ぐために、ワックスでコーティングして3ヶ月以上熟成させているそうです。コクがあって旨味がつまっていて、ビールやワインなどのお酒に合わせるとその風味を一段と楽しめるので、おつまみにもオススメです。

チーズを使った加工品も見逃せません。生ハムとチーズのオリーブオイル漬け(税込1,134円)は、そのままワインなどのお酒のお供に食べるのはもちろん、ケーパーやニンニクが使われているので、ビンに残ったオイルをパンやパスタに絡めて食べるのも美味しいですよ!

秩父やまなみチーズ工房さんのチーズはギフトにもおすすめです。お店の通販サイトでも買えるので、ぜひチェックしてみてください!

お店の人

お店の人

秩父やまなみチーズ工房 代表 高沢 徹さん

奥様の出身地である秩父で開業した高沢さん。「もっときれいなチーズを作りたいんですよね」と爽やかに笑う姿が印象的です。

MESSAGE

お店の人からのメッセージ

秩父の中でも、当店のあるエリアはなかなか楽しいと思います。ワイナリーやビール醸造所やウイスキー蒸溜所があって、フルーツ街道もあります。それぞれのお店で連携していて、当店では秩父麦酒さんのビールやベンチャーウイスキーさんのウイスキーも使ってチーズを作っています。出来上がったチーズは近くのうさぎだ食堂さんでも食べられますし、いろいろと周って楽しんでいっていただきたいですね。

私のおすすめの食べ方は、秩父の漬物「しゃくし菜」との組み合わせです。ウォッシュタイプの「ルビー」としゃくし菜を細かく刻んでご飯と海苔で巻いて食べたり、「モツァレラ」をしゃくし菜で巻いて焼いたり揚げたりするのもなかなか美味しいですよ。星音の湯やじばさん商店や祭の湯、道の駅ちちぶなどでもチーズや加工品を取り扱っているので、よろしければお手にとってください。

***

秩父ならではのチーズ作りをしている秩父やまなみチーズ工房。さまざまなチーズや加工品を取り扱っているので、ぜひ味わってみてください。また、秩父リゾートグループの「星音の湯」の近くにありますので、温浴を楽しんでぜひお立ち寄りください。

店舗情報

店舗・スポット名秩父やまなみチーズ工房
ジャンルチーズ専門店
所在地埼玉県秩父市下吉田4074-2(GoogleMapで見る
営業時間毎週金・土・日曜日(月曜が祝祭日の場合は営業)
12:00~17:00
電話番号0494-26-7638
公式サイトhttps://chichibu-cheese.shop-pro.jp/
SNSFacebook
Instagram

秩父リゾートがおくる、
旅がもっと面白くなる情報メディア

秩父の全部リゾート化計画!

この記事は、秩父リゾートグループが、秩父のさまざまな魅力的な場所を取り上げ、秩父の全部をまるごとリゾートにしたい!という想いで発信している観光メディアです。SNSでも様々な発信をしているので、ぜひチェックしてみてくださいね!

  • 最新情報はSNSで!